読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタツのボブボルマン式FXブログ

FXトレード日記ブログです

カタツの2016年11月11日(金)FXトレード日記 +10.81xpips

FXトレード日記

2016年11月11日(金)のFXトレード日記です。

本日のFXトレード概要

トレード結果

トレード時間: 21:00-24:00 (3h)

トレード通貨:EUR/USD, USD/JPY

トレード通貨(トレード回数):EUR/USD(3回), USD/JPY(1回)

獲得pips: +10.81pips

チャートの状況

指標の影響:特になし

レンジorトレンド:全体的にレンジ気味だったがトレンドも一部発生した

ボラリティ:中

トレード前後の心理状態

トレード前の心理状態:ふつう

トレード後の心理状態:ふつう

FXトレード結果詳細

トレード1

f:id:usagi6:20161111235954p:plain

フォロースルー:有り(適切なトレード)

フォロースルーはあったものの、ブレイク後に超えなければならない壁が2つもあり、2つ目で力尽きてはじきかえされてしまったパターン。超えなければならない壁があるときは仕掛けるべきではなかった。

 

トレード2

f:id:usagi6:20161112000247p:plain

フォロースルー:無し(不適切なトレード)

これはビルドアップ不足。

 

トレード3

f:id:usagi6:20161112000020p:plain

フォロースルー:有り(適切なトレード)

大きなトレンドの戻りでSBが決まった。

 

トレード4

f:id:usagi6:20161112000225p:plain

フォロースルー:有り(適切なトレード)

下方向への力に疑問があったので、ブレイクの戻りでエントリーした。

 

2016年11月11日のFXトレード振り返り

21-24でトレードするのが習慣づいていてよかったと思っている。

ボルマン式スキャルピングはブレイクアウトを狙うトレードなので、ブレイクポイントを注視しているが、ブレイクポイントでの逆張り勢力の多さに驚いている。

このいわゆる逆張り派の力によって、甘いブレイクはものすごい勢いではじきかえされてしまう。

だからボルマン式スキャルピングではいかにダマシブレイクを避けるかが攻略の最重要ポイントになっている。本日はそのために十分なビルドアップが必要であることを学んだトレードがあった。さらにビルドアップが適切でないにも関わらずブレイクした場合は多くの場合戻りでトレードできるということも感じた。ということは機会を逃すのを恐れて焦ってエントリーする必要はまったくないということだ。

もうひとつ。障害物がある状況での不利なトレードを回避することも大事だ。高値や安値のいわゆる極端な値が障害物になるか否かはレンジ相場かトレンド相場かによって違ってくると感じた。レンジなら極端な値が障害物になりうる。トレンドなら無視していい場合がある。

人気ブログランキング上昇中!